詩「こんな所」◆経験というトンネル

◆経験というトンネルをくぐることで、同じ月でも違って見えるものだと、今になって思う。その頃は、まだ母は少しばかり話し、歩くこともできた。他のお年寄りと比べて、まだ母の方がましだと思っていた。母は認知症じゃないと、どこかでまだ母の病気を受け入れることができなかった。満月の夜には、母を施設へ置いて帰った日のことを思い出す。あの時とは全く違う自分を、あの時と全く同じ月が淡く照らす。そして、あの時と全く同じ黒い影が、私をじっと見つめている。◆今日は散文詩「こんな所」を読んでいただければと思います。

※みなさま、宜しければ「シェア」をお願いします。
多くの方々に詩を読んでいただければと思っています。

「こんな所」    藤川幸之助
 始終口を開けヨダレを垂れ流し、息子におしめを替えられる身体の動かない母親。大声を出して娘をしかりつけ拳で殴りつける呆けた父親。行く場所も帰る場所も忘れ去って延々と歩き続ける老女。鏡に向かって叫び続け、しまいには自分の顔におこりツバを吐きかける男。うろつき他人の病室に入り、しかられ子供のようにビクビクして、うなだれる女。
 父が入院して手に負えなくなり、初めて母を病院の隣の施設に連れて行った時、「こんな所」へ母を入れるのかと思った。そう思ってもどうしてやることもできず、母をおいて帰った。兄と私が帰ろうとするといっしょに帰るものだと思っていて、施設の人の静止を振り切って出口まで私たちといっしょに歩いた。施設の人の静止をどうしても振り切ろうとする母は数人の施設の人に連れて行かれ、私たち家族は別れた。こんな中で母は今日は眠ることができるのか。こんな中で母は大丈夫か。とめどなく涙が流れた。
 それから母にも私にも時は流れ、母は始終口を開けヨダレを垂れ流し、息子におしめを替えられ、大声を出し、行く場所も帰る場所も忘れ去って延々と歩き続け、鏡に向かって叫びはしなかったが、うろつき他人の病室に入り、しかられ子供のようにうなだれもした。「こんな所」と思った私も、同じ情景を母の中に見ながら「こんな母」なんて決して思わなくなった。「こんな所」を見ても今は決して奇妙には見えない、必死に生きる人の姿に見える。
※『満月の夜、母を施設に置いて』(中央法規出版)より

トンネルの向こう側
©Konosuke Fujikawa【詩・絵*藤川幸之助】
・―――・―――・◆・―――・―――・
◆【詩人*藤川幸之助】著作のご購入はこちら

http://www.k-fujikawa.net/books.php

・―――・―――・◆・―――・―――・
◆この【詩人*藤川幸之助】facebookページへの
「いいね」をお願いいたします。

https://www.facebook.com/fujikawa.konosuke

詩「手帳」◆10月、11月の講演会

◆この10月と11月の講演会は全て北海道です。この講演会で講演回数は469回になります。その中でも北海道での講演は46回にも上ります。北海道の皆さん、お時間がありましたら是非講演を聞きに来ていただければ幸甚です。◆今日の詩はその講演会でも朗読予定の詩「手帳」です。
◆「手帳」◆
藤川幸之助
母が決して誰にも見せなかった
黒い鉛筆付きの手帳がある。
いつもバッグの底深く沈め
寝るときは枕元に置き
見張るように母は寝た。
その手帳が
今私の手の上に乗っている。

父の名前、兄の名前、私の名前。
手帳には、びっしりと
忘れてはならぬ名前が書いてある。
そして、手帳の最後には
自分自身の名前が、ふりがなを付けて
どの名前よりも大きく書いてあり
その名前の上には、何度も鉛筆でなぞった跡。
母は何度も何度も
自分の名前を覚え直しながら
これが本当に自分の名前なんだろうかと
薄れゆく自分の記憶に
ほとほといやになっていたに違いない。
母の名前の下には
鉛筆を拳(こぶし)で握って押しつけなければ
付かないような黒点が
二・三枚下の紙も凹ませるくらい
くっきりと残っている。


父・母・兄・私の四人で話をしていたとき
母は自分の話ばかりをした。
母は同じことばかりを繰り返し言った。
「同じ話ばかりするのは、やめてくれ」
と、私は母をにらみつけた。
病気とも知らず。
話について行けない母は
その場からいつの間にかいなくなっていた。

あまりに帰らないので
探しに行くと
三面鏡の前に母はいた。
自分の呼び名である「お母さん」を
何度も何度も何度も唱えていた。
記憶の中から消え去ろうとしている
自分の連れ合いの名前や
息子の名前を何度も唱え
必死に覚え直していた。
振り返った母の手には
手帳が乗っていた。
私に気づくと、母は
慌(あわ)ててカバンの中に
その手帳を押し込んだ。
その悲しい手帳が
今私の手の上に乗っている。
『満月の夜、母を施設に置いて』(中央法規)に関連文

◆みなさま、宜しければ「シェア」をお願いします。
多くの方々に講演を聞いていただければと思っています。
©Konosuke Fujikawa【詩・文*藤川幸之助】

① 2019年10月19日(土)12:30~17:00
<日本ホームヘルパー協会函館支部 北部ブロック研修会>
会場:北海道教育大学函館校(函館市八幡町1番2号9
主催:日本ホームヘルパー協会函館支部(ご担当/酒井さま)
お問い合わせ:訪問介護ステーション輪(りん)酒井さん
電話:0138-85-6185

② 2019年10月20日(日)13:00~17:00
<社会福祉法人 幸清会 周年記念式典>
会場:豊浦町(※ 法人内関連施設)
主催:社会福祉法人 幸清会(こうせいかい)
〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉191
お問い合わせ:特別養護老人ホーム大原の杜 吉田恵施設長
電話: 0142-89-3500

③2019年10月29日 (火)18:00〜20:00
会場:北海道石狩郡当別町 介護老人保険施設 愛里苑ホール
問い合わせ :介護老人保険施設・愛里苑 事務課・増田さん
電話:0133-26-2874

④ 2019年11月10日(日)10:30~12:30
<プロから学ぶ 認知症と人を学ぶ4日間>
会場:ライフシップ植物園前 12階ディサービス内
札幌市中央区北5条西10丁目6番1
主催:(株)ライフデザイン
お問い合わせ:(株)ライフデザイン担当 相川さん
電話:011-215-5138

⑤ 2019年11月13日(水)18:00~20:00
<認知症ケア職員研修会>
会場:特別養護老人ホーム 旭川ねむのきの華
旭川市忠和4条2丁目10番23号
お問い合わせ:特別養護老人ホーム 旭川ねむのきの華
電話:0166-61-3277

0001 3

0001 3のコピー

愛里苑-講演会A4チラシ2_page-0001 (1)

0001

詩「徘徊と笑うなかれ」◆月刊「致知」インタビュー

◆今日の詩は、詩「徘徊と笑うなかれ」です。「それとも私の知らない恋人ですか」と、この一行に呼応する「それとも幼くして死んだ姉ですか」の部分がこの詩の中では一番気に入っています。母の心の一番深い部分を描いているように感じているからです。◆この詩は昨日のTV番組でも朗読されていましたが、この詩が掲載された雑誌のインタビュー記事のご紹介です。月刊「致知11 月号」(10月1日発行)に、私のインタビュー記事が掲載されています。介護の詩 ~認知症の母が教えてくれたこと~藤川幸之助(詩人)です。詩ができるまでの詳細を語った見開き3枚(6ページ)の記事です。是非ご覧ください。
(この雑誌は書店ではお求めになれません。詳細は以下↓)
https://www.chichi.co.jp/info/chichi/pickup_article/2019/11_fujikawa/

Cover-表-1

徘徊と笑うなかれ。
        藤川幸之助  
徘徊と笑うなかれ。
母さん、あなたの中で
あなたの世界が広がっている
あの思い出がこの今になって
あの日のあの夕日の道が
今日この足下の道になって
あなたはその思い出の中を
延々と歩いている
手をつないでいる私は
父さんですか
幼い頃の私ですか
それとも私の知らない恋人ですか

妄想と言うなかれ。
母さん、あなたの中で
あなたの時間が流れている
過去と今とが混ざり合って
あの日のあの若いあなたが
今日ここに凛々しく立って
あなたはその思い出の中で
愛おしそうに人形を抱いている
抱いている人形は
兄ですか
私ですか
それとも幼くして死んだ姉ですか

徘徊と笑うなかれ。
妄想と言うなかれ。
あなたの心がこの今を感じている
           詩集『徘徊と笑うなかれ』(中央法規出版)

みなさま、宜しければ「シェア」をお願いします。
多くの方々に詩を読んでいただければと思っています。
©Konosuke Fujikawa【詩*藤川幸之助】
・———・———・◆・———・———・
◆【詩人*藤川幸之助】著作のご購入はこちらから

http://www.k-fujikawa.net/books.php

・———・———・◆・———・———・
◆初めてこのページに来られた方へ
この【詩人*藤川幸之助】facebookページへ「いいね!」をお願いいたします。

https://www.facebook.com/fujikawa.konosuke」

NHKハートネットTV10/10・詩人*藤川幸之助

NHK・Eテレ・ハートネットTV選 「あなたの中の私を失う時▽認知症の母を詠む 詩人・藤川幸之助」が、2019年10月10日(木)午後1時05分 〜 午後1時35分にNHK・Eテレでアンコール放送されます。4年前に見逃された方は、今回是非ご覧ください。今日はその番組の中で朗読されている詩「この手の長さ」と詩「母の遺言」でお楽しみください。

◆◆ 「あなたの中の私を失う時▽認知症の母を詠む 詩人・藤川幸之助」◆◆
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1168/
【NHK・Eテレから】アルツハイマー型認知症を患った母を24年にわたって介護した藤川幸之助さん。84歳で母が亡くなるまで人生の半分近くを母に寄り添った。言葉も無く、ゆっくりと死に向かいつつも生きる母、それに向き合っていない自分に気付かされ、母とともに生きることを決意し、その思いを詩の言葉に紡いでいった。-言葉のない母が 私に問いかける 命とは何か 生きるとは何か 死とは 老いた母が その存在から 私に問いかける-

◆この手の長さ◆

藤川幸之助

背中のあたりがかゆくて苦しんでいると
「一人では
何でもかんでもできないように
手はちょうどいい長さに作ってあるのよ」と母は言って
私の背中の手の届かないあたりを
かいてくれた

そんなに言っていた母も認知症になり
母一人では何にもできなくなった
母一人では渡れない川を
二人で渡りきろう
母一人では登れない山を
二人で越えよう
人が孤独にならないように
人が愛で引き合うように
人が人を必要とするように
人が傲慢にならないように
この手をこのちょうど良い長さに
作ってあるに違いない
私にもとうてい一人では
できないことがある
できない二つのことが
母と私とで
できる二つのことになる日が
来るのかもしれない

私の人生の地図の一部が
母の中にあり
母の人生の地図の一部が
私の中に
きっと潜んでいるに違いない
『満月の夜、母を施設に置いて』中央法規出版より

◆母の遺言◆
藤川幸之助

二十四年間母に付き合ってきたんだもの
最期ぐらいはと祈るように思っていたが
結局母の死に目には会えなかった
ドラマのように突然話しかけてくるとか
私を見つめて涙を流すとか
夢に現れるとかもなく
駆けつけると母は死んでいた

残ったものは母の亡骸一体
パジャマ三着
余った紙おむつ
歯ブラシとコップなど袋二袋分
もちろん何の遺言も
感謝の言葉もどこにもなかった

最期だけは立ち会えなかったけれど
老いていく母の姿も
母の死へ向かう姿も
死へ抗う母の姿も
必死に生きようとする母も
それを通した自分の姿も
全てつぶさに見つめて
母を私に刻んできた

死とはなくなってしまうことではない
死とはひとつになること
母の亡骸は母のものだが
母の死は残された私のものだ
母を刻んだ私をどう生きていくか
それが命を繋ぐということ
この私自身が母の遺言
『命が命を生かす瞬間』東本願寺出版より

◆みなさま、宜しければ「シェア」をお願いします。
多くの方々に詩を読んでTVを見ていただければ幸甚です。

©Konosuke Fujikawa【詩・文*藤川幸之助】
・———・———・◆・———・———・
◆【詩人*藤川幸之助】著作のご購入はこちらから

http://www.k-fujikawa.net/books.php

・———・———・◆・———・———・
◆初めてこのページに来られた方へ
この【詩人*藤川幸之助】facebookページへ「いいね!」をお願いいたします。

https://www.facebook.com/fujikawa.konosuke

詩「化粧」◆父の思い

化粧
     藤川幸之助
あの日、母の顔は真っ白だった。
口紅と引いたまゆずみが
まるでピエロだった。
私の吹き出しそうな顔を見て
「こんなに病気になっても
 化粧だけは忘れんでしっかりするとよ」
父が真顔で言った。

自分ではどうにも止められない
変わっていく心の姿を
母は化粧の下に隠そうとしたのか。
厚い化粧でごまかそうとしたのか。
それにしても
隠すものが山積みだったのだろう
真っ白けのピエロだった。

その日以来
父が母の化粧品を買い、
父が母に化粧をした。
薬局の人に聞いたというメモを見ながら
父が母の顔に化粧をした。
真っ白けに真っ赤な口紅
ピエロのままの母だったけれど
母の顔に化粧をする父の姿が
四十年連れ添った二人の思い出を
大切に描いているようにも見えた。

父が死んで
私は母の化粧はしないけれど
唇が乾かないように
リップクリームだけは母の唇にぬる。
その時きまって母は
口紅をぬるときのように
唇を内側に入れ
鏡をのぞくように
私の顔を見つめる。

──もういいんだよ母さん。

     『ライスカレーと母と海』(ポプラ社)に関連文

◆みなさま、宜しければ「シェア」をお願いします。
多くの方々に詩を読んでいただければと思っています。
父という月
■父が亡くなった。夜空のどこを探しても月は見つからなかった。月のない夜空は、父を失った自分の心のようだと思った。私が、認知症の母の介護を引き継いだ。父が母にしてあげていたことを、一つ一つ思い出しながら、母の世話をした。父の母に対する思いが痛いほど分かった。いつの間にか、父が母にやっていたことをごく自然にしている自分がいた。父が私の中で生きている。真っ暗な私の心の中を、とても鮮やかに父という月が照らしていた。命をつなぎ、命を受け継いでいくというのは、こういうことではないかと思ったのだ。

©Konosuke Fujikawa【詩・写真*藤川幸之助】
・———・———・◆・———・———・
◆【詩人*藤川幸之助】著作のご購入はこちらから

http://www.k-fujikawa.net/books.php

・———・———・◆・———・———・
◆初めてこのページに来られた方へ
この【詩人*藤川幸之助】facebookページへ「いいね!」をお願いいたします。

https://www.facebook.com/fujikawa.konosuke